ジャブの基本動作 打ち方 【第3回】


 ジャブは構えている前の手でアタックするパンチです。

 ジャブは
 相手の動きを止めたり、距離を測ったり、アタックする為のキッカケを作り、
 次に打つ技を隠したりするのに使うパンチです。

 ジャブは二つの動作で行います。

 1で
 前足を真っ直ぐ踏み込み、
 前の手を内側に捻りながら肘を伸ばして真っ直ぐ出します。

 2で
 出した前足と前の手を戻します。

 この二つの動作で行います。

 ジャブを打つ時は、体の向き、体幹は捻らないで打っていきます。

 ※注意点や、練習の時のポイントは動画に載せてあるのでご覧ください。

 パンチを打つ時に重要なのが
 肩甲骨から動かして打つことです。

 これから練習をする時に必ず意識していただきたいのが、
 腕は指先から肩までではなく、
 指先から肩甲骨までが腕だと思って動かしていきます。

 肩甲骨→肩→肘→手首
 の順番で動かして打ちます。

 構えに戻す時も
 肩甲骨→肩→肘→手首
 の順番で動かして引きます。

 肩甲骨から伸ばすと、身体(体幹)の力を腕に伝えて強く打て、
 より長く伸びるパンチを打つことができます。

 腕と同様
 足の踏み込みも意識が必要です。

 真っ直ぐ踏み込んで、真っ直ぐ戻す。
 踏み込んだ足を構えの位置まで戻さないでいると…
 どんどん足の幅が広がり身動きが取れなくなって足を蹴られたり、
 無理な大勢で動くことになり、余計なスタミナを使い自滅してしまいます。

 踏み込んだ足を構えの位置まで戻すという動作が、
 構えの足の幅を常に一定にし、楽に動き続ける為の足の使い方に繋がっていきます。

 無意識に戻れるようになるまで練習してください。

 ジャブは、打った後、次の動作に入れる形をキープしながら打つ事が必須です。
 ジャブの打ち方が下手だと次の動きがスムーズに出せなくなります

 まず初級の方は、形を覚える事が大切です。
 迷わないように、反復練習をして、身体に正しい形を覚えこませましょう!


 もし気に入って頂けたら
 普段の練習に取り入れてみてください。


  

 

              



    ↑ページのトップへ戻る
    << 前のページに戻る
   【キックボクシング初心者入門講座トップへ戻る】

SIDE MENU


メルマガ購読・解除
遊撃クラブの更新情報を配信致しますーーー ーー ーー
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ

遊撃クラブPV

       キックボクシングクラス



おすすめ グローブ


     
     

 その他のおすすめグローブはこちらをご覧ください。

おすすめ バンテージ


     
     

 その他のおすすめバンテージはこちらをご覧ください。

おすすめ レッグガード


     
     

 その他のおすすめレガースはこちらをご覧ください。

おすすめ ヘッドギア


     
     

 その他のおすすめヘッドギアはこちらをご覧ください。

おすすめ マウスピース


     

 その他のおすすめマウスピースはこちらをご覧ください。

おすすめ ファールカッ


     

その他のおすすめファールカップはこちらをご覧ください。

おすすめ 肘・膝パッド


     

 その他のおすすめ肘・膝パッドはこちらをご覧ください。

おすすめ ウェア


     

 その他のおすすめウェアはこちらをご覧ください。

おすすめ サンドバック


     

 その他のおすすめサンドバックはこちらをご覧ください。

おすすめ ジョイントマット


     

その他のおすすめジョイントマットはこちらをご覧ください

おすすめ サプリメント


     
     

 その他のおすすめサプリメントはこちらをご覧ください。